青汁 飲みやすい

青汁はやっぱりケール。

     公式HPはこちら
     ↓     ↓
     はちみつ青汁
青汁のあのCMを覚えている方はいらっしゃるかと思います。「うーん、まずい、もう1杯!」
このCMで青汁ブームがおきました。強烈なCMだったので大ヒットした反面、私には多分ムリだと思った方も多かったでしょう。

各社は飲みやすい青汁の開発を急ぎました。潜在的な客層が大勢いると簡単に予想できたからです。多くの会社は主原料にケールを使うのを諦め、大麦若葉などを主原料とした青汁を開発し攻勢に打って出ます。

しかし、私に言わせればそれは逃げです。ケールの青汁が本流だと思うのです。ケールの栄養価の高さに惹かれて私たちは青汁に注目したはずです。

あのCMを打ったキューサイは逃げませんでした。あくまで国内産ケールにこだわって飲みやすさの改善の研究を続けました。

その成果がはちみつの配合というアイディアです。これはうまくいきそうだと研究開発人は思ったはずです。

せっかくはちみつを使うなら

はちみつを使うアイディアでほとんど開発が完了したと思われる飲みやすい青汁ですが、キューサイは妥協しませんでした。
せっかくはちみつを使うのだから名の通った質の良いはちみつを使おうということになったのです。

そこで使うはちみつは「山田養蜂場」のはちみつを使うことに決めたのです。コスト面など苦労したことはたくさんあったと思いますが、無事山田養蜂場とキューサイの協力関係ができたのです。

そこで生まれたのがキューサイの「はちみつ青汁」。私も愛飲者の一人です。

私の場合、定期コースでとっているので袋詰ですが、最初はスティックタイプの商品を1箱買うともう1箱ついてくるのでそちらのほうがおすすめです。

まず味ですが、ほんのり甘いです。苦味はありません。青臭さもありません。私は水で溶かして飲んでいるのですが、牛乳に溶かして飲んでいる方もいらっしゃいます。

私はもう2年以上飲んでいるヘビーユーザーです。

もし、お試しで飲んでみて気に入ったら。


タイトルには「もし」という言葉を入れましたが、ます、ほとんどの方は「これなら続けられる」と思うはずです。その時には定期コースに切り替えましょう。経済的負担が少し軽くなります。

また、めんどくさがり屋でない方限定ですが、スティックタイプから、袋入りタイプに切り替えましょう。これでまた少し安くなります。

定期コースでは飲みきれるか心配だというあなた。その時にはカスタマーセンターに相談しましょう。限度がありますが、休止することもできます

このようにまずお試しで1回飲んでみることをおすすめします。

栄養価などは公式HPを御覧ください。

ケールの青汁ならキューサイの「はちみつ青汁」がオススメです。

>>おいしいキューサイの「はちみつ青汁」のご注文はこちらから<<

 

サイトマップ

今昔、出会い系サービス